赤ちゃん

授乳服を選ぶなら効率の良いものを選ぼう!

適した飲み物や温め方

ウォーター

母乳が十分に出ていない場合は、赤ちゃんには水分補給のために、市販のミルクやミネラルウォーターを与える必要があります。いずれも、容器から適量を取り出して、母乳と同じくらいの温かさにしてから与えることが大事です。過度に温めてから冷ますのではなく、哺乳瓶ごと湯せんで温めて与えることが適しています。

Read

必要な物を厳選して

帽子

ベビー用品は実は代用できるものが多いです。わざわざ専用のものを買わなくても問題ないことも多いが、やはり便利であるというメリットもあります。必要になってから考えるとよいでしょう。使いやすいのと、衛生上安心できるという点が人気の理由です。

Read

賢く利用しましょう

ベビー用品

赤ちゃんを連れて買い物に行くのは精神的にも肉体的にもとても大変です。通販を利用すれば、周りに気兼ねすることもなくじっくりと商品を比較することも出来ますし、重い荷物を持つ必要もありません。赤ちゃんとの快適な生活のためにも、サイズアウトや海外メーカーのサイズ表記などに気を付けて賢く利用したいものです。

Read

スムーズで快適な授乳

ママと赤ちゃん

乳房を隠しながら授乳

母乳は粉ミルクと比較すると消化されやすいので、母乳で育っている赤ちゃんは、頻繁に授乳を求める傾向があります。多くの場合は2〜3時間おきですが、赤ちゃんによっては数十分おきに欲しがることもあるのです。そのため母乳育児をしている場合は、しばしば外出時でも授乳することになります。しかし、外出先に授乳室があるとは限りませんし、授乳室があったとしても、そこで乳房を露出させることに抵抗があるという女性も多くいます。そのような女性から注目されている衣服が、授乳服です。授乳服は、乳房の部分の生地が二重になっています。上側の生地は、ゆとりのあるふんわりとした状態になっているので、授乳中に赤ちゃんの顔にかぶせることができます。赤ちゃんの顔ごと乳房が隠されるので、人目を気にせずに授乳することができるわけです。

肌に優しい素材

また授乳服には、2枚の生地をそれぞれずらすだけで、乳房を出すことができるというメリットもあります。ボタンやホックなどがついていないため、それらをはずす必要がありません。つまり、赤ちゃんが授乳を求めたタイミングで、すぐに授乳を開始できますし、授乳後は素早く乳房をしまうことができるのです。また、赤ちゃんの肌はもちろん、授乳期の乳房の肌もデリケートな状態になっています。そのため授乳服は多くの場合、肌に優しいオーガニックコットンなどの素材で作られています。赤ちゃんの頬や乳房の肌が、摩擦によって荒れてしまう心配が少ないため、その点でも安心できると言えます。加えて通気性も高いので、母乳や汗で湿った場合でも、比較的スムーズに乾きます。つまり、湿り気による不快感が生じにくいというメリットもあるのです。